創業者プロフィール

NTT横須賀研究所勤務後、米国の大学に移籍し物理学の講義を担当。その後米国のHitachi及びベル研究所にて、通信システムの研究及び北米市場での事業開発に従事。約6年の米国勤務後帰国。大手商社の子会社にてマーケティング及び技術部門の本部長として新規技術の発掘と事業化の統括を行う。インターネット総合研究所にてクラウド向け暗号(量子暗号)の事業化及び研究開発を担当。この間、東京大学大学院で客員教授として講義を行う一方で、経産省・総務省など国のプロジェクトに技術専門委員として参画、暗号技術ロードマップ作製に貢献。2017年7月人工知能・統計解析・金融工学(ブロックチェーン)を融合し新しい技術創出を目指す企業を創業。論文・特許多数。著書「インターネット数理科学」等。

<IEEE掲載論文著者紹介より引用>

Yuki Nagasako received the B.Eng. degree from Nagoya University, Nagoya, Japan, in 1986, the M.Eng. degree from Kyoto University, Kyoto, Japan, in 1988, both in nuclear engineering, and the M.Sc. degree in theoretical physics from the University of Missouri, Kansas City, in 1996.
He was with the Internet Research Institute, Inc., Tokyo, Japan. He is currently with the Information Sharing Laboratory Group, Nippon Telegram and Telephone Corporation,
Tokyo, Japan. He joined the Quantum Information Science Research Center, Tamagawa University, Tokyo, in April 2007 as a Ph.D. student. He joined the NTT Transmission Systems Laboratory in 1988 and Bell Labs, Lucent Technology in 1998. His research interests include quantum cryptography and quantum communication.

  

現在の活動分野

人工知能(機械学習、深層学習、ニューラルネットワーク)、多変量解析・統計解析、金融工学(ブロックチェーン、VPP(分散エネルギー)これらの技術を駆使して①数理モデル作成、モデルから将来予測し経営課題の解決、②コンサルティング(市場調査、戦略立案、消費者動向、特許活用アドバイス、投資家向け技術コンサルティング)を行う。③これらの技術を融合した新しい技術の創出を目標に、アーキテクチャの研究及び応用、啓もう活動に従事。

  

学位・資格

<学位>

  • 京都大学大学院工学研究科修士卒業(原子核工学)
  • 米国ミズーリ大学理学部物理学修士卒業
  • ジョージア工科大学理学部物理学科博士後期課程(中退)
  • 玉川大学学術量子情報研究所博士後期課程単位取得終了
  • <資格>

  • 放射線取扱主任第1種
  •   

    出版・講義・論文・特許等

    <出版>

  • 長迫・中江他 “インターネットの数理科学” 第6章 光通信量子暗号 (2010)
  • 長迫他. “情報セキュリティ教育の指導者向け手引書” 日本ネットワーク安全協会 (2007)
  • 長迫他. “新世代ネットワーク推進フォーラム戦略WG 成果物報告書” フォトニックインターネットフォーラム(2009)
  • <講義・講演等>

  • 特別講義「量子情報科学概論」(東京大学数理科学研究科)
  • 近畿大学理工学部理学科物理学コース講義「量子情報入門」2007年11月
  • 一般市民向け第1回公開講座「量子と情報」近畿大学オープンリサーチセンター
  • 第9回国際量子情報通信会議(QCMC)カナダ・カルガリー大学2008年8月
  • (左)東京大学数理科学研究科での講義を元に次世代の暗号について執筆「第6章 量子暗号」
    (右)近畿大学オープンリサーチセンター第1回公開講座での招待講演のポスター

    <論文・特許等>

  • Yuki Nagasako et al. “Security in Photonic Networks: Threats and Security Enhancement” Journal of Lightwave Technology¸ Vol. 29, Issue 21, pp.3210-3222 (2010)
  • Yuki Nagasako “An Evaluation on Eavesdropper’s Capability for Intensity Modulated Y-00 Cryptosystem” Vol. IEICE-109, No.243 (OCS), pp.81-86 (2009)
  • Yuki Nagasako et al. “Quantum stream cipher Y-00 beyond Shannon random cipher”  IEICE, B-10-87 (2009)
  • Yuki Nagasako et al. “Running key mapping in quantum stream cipher by Yuen 2000 protocol”, Physical Review A, 77, 034305 (2008)
  • Yuki Nagasako “A Study for Unauthorized Access in Next Generation Network (NGN)” IEICE, B-10-37 (2008)
  • Yuki Nagasako et al. “Sub optimum quantum measurement for M-ary ASK applicable to Y-00 cryptosystem” Quantum Communication, Measurement and Computing (QCMC): Ninth International Conference on QCMC. AIP Conference Proceedings, Volume 1110, Issue 1, pp.363-366 (2008)
  • Yuki Nagasako et al. “Immunity against fast algebraic attacks on quantum stream cipher by Y-00 protocol” IEICE B-10-77 (2007)
  • 長迫勇樹他. “ATM ネットワーク向け遠隔監視管理法” 特許 平成06-261062 (1994)
  • 長迫勇樹他. “遠隔監視及び管理情報の保護法” 特許平成04-4918 (1993)
  • 長迫勇樹他. “バースト光信号用伝送回路” 特許 平成03-120294 (1992) 
  • 長迫勇樹他. “高速タイミング抽出回路” 特許 平成01-55710 (1990)