量子アニーリング型コンピュータ紹介動画

当社は量子アニーリング型コンピュータを実用領域において活用し、社会課題を解決します。

量子コンピュータには2つのタイプがあります。

1.量子ゲート型コンピュータ
2.量子アニーリング型コンピュータ

アニーリング型コンピュータは、唯一実用に利用されているタイプで、組み合わせ最適化問題の解を高速に求める問題に応用されています。
組み合わせ最適化問題とは、天文学的な組み合わせの中から、最適な解を求める問題で、巡回セールスマン問題ナップザック問題などが知られています。

実用面では、

・タンパク質の構造の最適化
・流通経路の最適化
・時々刻々と変わる金融商品のなかで最も利益を生み出す金融商品の組み合わせ最適化

等が挙げられます。

従来型のコンピュータで天文学的な組み合わせの中から、最適解を求めることは困難です。
そこで、唯一実用化されている量子アニーリング型コンピュータが注目を集めました。

量子コンピュータによる最適解の探索は、必ずしも再現性があるわけではありません。
明らかに最適ではない解がえられることもあります。

そこで当社は、最適解が求まる確率を向上させる効率的な計算手法、最適解が求まるまでの収束を向上させるための特許を3件共同出願し、2021年12月に特許認定されました。

お問い合わせは下記のコンタクトフォームよりお願いいたします。

当社と事業提携をしているD-Wave社のご紹介動画です。

YouTubeの翻訳機能で、日本語字幕を見ることができます。
YouTube画面で、設定ー>字幕ー>自動翻訳ー>日本語 と設定してください。

D-Wave量子コンピュータ概要紹介 約6分

D-Wave ラボツアー 約5分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です